2021年9月2日木曜日

音楽、聴いてみませんか?

こんにちは、

佐久音楽館音楽教室講師です。


今日はチェルニーの楽曲を、

紹介しようかと思います。


まず、「チェルニー」って、

「ツェルニー」とも表記されています。

全音さんの楽譜ですと「ツェルニー」。

ドイツ語での発音は、「チェルニー」に近いので、

以下、「チェルニー」と表記します。


ピアノ学習者からすると、

The 練習曲のイメージかと思います。

日本ではそれら練習曲は、

100番、 110番、24番、30番、40番、50番、60番、と呼ばれ、

いつまで練習し続ければいいの?、といったところでしょう。


今日の紹介楽曲は、

チェルニー作曲/交響曲第5番 変ホ長調

YouTubeで再生

です。


再生を開始して、驚きませんでしたか?

あれっ、シューマンのラインかなって。


そうなのです、

チェルニーは大変才能ある作曲家だったのです。

ピアノ教師は副業なのです。


この交響曲は、

1845年に作曲されたといわれています。


シューマンのラインは、1850年です。


42分弱の演奏で長いですが、

是非、最後まで聴いてみてください。


これからは30番練習曲も、

楽しく練習できるようになると思いますよ。


佐久音楽館音楽教室|長野県佐久市



0 件のコメント:

コメントを投稿